卒塾生が応援にきてくれました!【都立西高校】

学志舎 村岡です。

今月は定期テスト準備期間に、都立西高校の先輩が来塾してくれました。
差し入れと素敵なアドバイス、いつも本当にありがとうございます!

西高の文化祭実行委員を務めるなんて、うらやましい!

高1のSさんとFくん。
文化祭実行委員として、西高記念祭(文化祭)について案内してくれました。

塾生へのアドバイスでは、
・朝に取り組んでいた英語の音読
・自立学習における計画の立て方
・模擬試験や過去問への取り組み
など、いろいろな角度から話してくれました。

熱弁をふるうAくん。写真左上の「西16名」の張り紙にも注目!

高1のAくん。
一般入試の得点開示できてくれました。
当日は、理科100点、社会95点と申し分ないスコアで合格されています。
「当日点を確実に取るヒミツ」について聞けた塾生はラッキーでしたね。

都立西高校は、自由な校風の中で「自分らしさ」を伸ばすことができるのが魅力です。
それぞれの個性に応じて、居場所がある懐の深い学校なのだと思います。
186ある都立高校のトップ校であり、挑戦する価値のある学校です。

学志舎では一教室あたりの自校作成校合格数・合格率が最も高い塾と言えますが、
その中でも西高の合格実績は圧倒的です。

参考:

合格実績

都立西高校の推薦入試は難しいのか?

過去の合格体験記(都立西高校)

同じ塾で育った多くの先輩たちが、こうして応援に来てくれることに感謝ですね。
今後も節目節目で応援に来てくれると思いますが、
塾生はこの環境を当たり前と思わず、毎回のアドバイスをしっかり吸収し、
次のアクションにつなげていきましょう!

<おまけ>

2019年に記念祭で観た「浪漫倶楽部」の記念祭上映会にて。コロナ禍前なので、とてもにぎわっています。

学業だけでなく、エンターテイメントでも輝こうという強い意志と勇気とユーモアを感じる西高らしいサークルでした。(当日は笑わせてもらいました)

この記事を書いた人

大学卒業後、大手広告会社で営業や人事を経験。
その後、企業や自治体、大学での講演活動に活躍の幅を広げる。
採用の仕事において面接した学生数は1万人超。
2017年秋、布施塾長の教育理念に共感し学志舎に参画。
以降、小中学生の文系授業を担当。

都立中学への細やかな作文指導が強み。
都立高校の推薦入試においては、塾業界随一の面接経験、集団討論の経験を活かし、毎年、驚異の合格結果を出し続けている。
直近5年間では都立推薦入試において74名を合格に導く。(1教室での実績)

多様な経験をしてきた強みを活かし、日々の学習を通じて社会で活躍できるような視座を子供たちに持たせることが目標。

一生ものの記述力をつけたい小学生。
そして内申アップ、推薦合格を勝ち取りたい中学生は、学志舎で待っています!

目次