合格体験記(2022年 都立国分寺高校:Sさん)

目次

入塾のきっかけ

私が学志舎と出会ったのは、小学4年生の冬頃です。母に勧められ、体験入塾をしたことがきっかけでした。私語一つない学志舎独特の空間に、圧倒されたことを今でも覚えています。実は、人見知りだったということもあり、体験前から「色々な塾へ体験しに行きたくない!絶対一番初めに行った塾に入塾する」と決めていました。そんな不純な動機で入塾を決めたものの、今では最高の出会いとなりました。

入塾前と入塾後の変化

学志舎に通ったことで、内申や定期テストの点数を上げることができました。卒塾生の先輩方から、提出物の取り組み方や実際に行っていた内申の上げ方などを詳しく聞くことができた為、中3の最後の内申は43まで上げることができました。このような経験ができるのは、縦の関係も大切にしている学志舎だからこそだと思います。また、学志舎との出会いが私を勉強好きに変えてくれました。今までは“勉強”というワードを聞きたくない程、勉強嫌いでした。そんな私が勉強に対して「楽しい」という感情を持てるようになったのは、学志舎のおかげです。学志舎は私の勉強に対するイメージを“やらされる”勉強から、“自分からやる”勉強に変えてくれました。毎日、「今日も頭良くなって帰ってくるね」と家族に言ってから、塾へ通う毎日でした。昨日よりも成長できる、自分の可能性が楽しみで仕方ありませんでした。学志舎の主体性を大切にするスタイルが、自分をここまで成長させてくれたと思います。

落ち込んだ時と回復法

私は最後まで模試の判定が伸び悩み、何度も“落ち込んでは立ち直る”という繰り返しでした。今までの模試結果を親に見せることなく、受験当日を迎えたほどです!正直、「ここまで努力しても自分はダメなのか」と模試を返される度に思っていました。しかし、そんな私に「僕には合格する未来しか見えない」「努力は裏切らない」などと、塾長や村岡先生が声をかけてくださり、何度も勇気をもらうことができました。2人の先生は、ただの励ましなどではなく、「私が絶対に合格できる」と本気で信じてくださっている。そう考えると、諦めずに頑張ろうと思えました。その結果、3科の偏差値は8上がり、苦手な数学では偏差値を15も上げることができました。結果が悪いということは、伸びしろしかないということです!落ち込んだ時こそ、学志舎に行くことをお勧めします!それは学志舎での時間は、不安や悩みが全て消え、みんなの頑張る姿に自分も鼓舞されるものになるからです。そのうち、塾に通わない日がなくなり、学志舎が好きになっていきます!

忘れられない授業・言葉

塾長の「人と違う結果が欲しいなら、人と違うことをする!」という言葉が印象的です。そこで「誰よりも早く塾に来る」という目標を立て、毎日学志舎へ通い続けました。2学期に入ると毎日、学校・家・塾の往復で、学校の校門を出た瞬間、家まで走って帰る日々でした。しかし、そんな毎日さえも「楽しい」という気持ちが圧勝し、受験生としての1年間は、ストレスなく過ごすことができました。また、村岡先生がおっしゃっていた「学志舎は努力の天才の集まりだ」という言葉も心に残っています。確かに一定数“天才”は存在するものの、学志舎の生徒のほとんどが努力タイプです。苦手に向き合い、克服する。自分をよく知り、合格から逆算し、何が必要かを分析する。成長に貪欲で楽しんで勉強し続ける。そんな素敵な同級生と共に頑張れたことを、私は誇りに思います。努力を惜しまない学志舎生が本当に大好きでした!

勉強以外に教わったこと

挨拶をする。お礼を言う。自転車をきれいに並べる。メモを取る。消しカスを捨てる。おそらく普通の学習塾では教わらない、人として当たり前なこと。そして、大人としての心構えなども教えてくださり、この5年間で人としても成長することができました。先生方のアドバイスはとても心に残っています!ありがとうございました。

後輩に一言アドバイス

受験は辛いことも不安に感じることも沢山あります。しかし、そんな辛さも忘れてしまうほど、楽しく、充実した1年間にすることもできます!見えない努力、周りは気づかないような自分の小さな頑張りも、学志舎の先生方は全て見てくれています!困ったときは、先生方に相談してみてください!私たち塾生の人生に本気で向き合い、的確なアドバイスを沢山してくださいます。最後に、後輩の皆さんへ伝えたいことは、「自分との約束を守って欲しい」ということです!例えば、「毎日英文を寝る前に読む」「毎朝早く起きて漢字を覚える」などと決めたのであれば、その約束を守ってください。その積み重ねが後に自分の自信になります。受験後に後悔が残らないよう、1日1日を無駄にしないでください。学志舎と出会い、学志舎生であることを誇りに思ってください。そして毎日笑顔で!楽しんで!皆さんが合格できることを心から応援しています!

この記事を書いた人

(膳所高校→防衛大学校→海上自衛隊→リクルートエージェント→学志舎2010年創業)海自とリクルートで培った「やりきる力」と「人の心を動かす力」を武器にエネルギー溢れるアツイ授業を展開。関西弁で入試問題にツッコミを入れながらテンポ良く進める授業で塾生達の頭をフル回転状態に。成績upや逆転合格を生み出す教育法は親御様から「学志舎マジック」と呼ばれる。たった1人で塾運営していた最後の年(2017年)には小5から中3まで200人以上の塾生の全授業を担当。日比谷・西・国立に計14名が全員合格となり業界で話題となる。過去5年間では都立高校に259名合格。そのうち西48名・国立26名・新宿19名・駒場27名・豊多摩23名と難関校・人気校受験で都内トップクラスの実績を残す。2022年3月には待望の三鷹駅前校がオープンし、中央線エリアからの入塾生が急増中。「一生忘れられない出会い」がここにあります。【趣味】テニス

目次
閉じる