月曜4(石原先生)小6&中1

こんにちは、石原です。

目次

小6

前回の小テストは算数も理科もかなり難しいものを用意しました。ヒントを小出しにするたびに手が動いていました。また、諦めずに解説を聞けていました。実際の入試のときも問題文から少しずつヒントを拾い、メモを作ったりしながら頭の中を整理する必要があります。5月にこれだけ問題に向き合えているのはとても良いです。

今週は以前のプリントの記述の書き直しを自主的に再提出してくれた生徒もいました。どんどん持って来て下さい。大歓迎です。

中1

本校の火曜クラスで方程式の小テストを行いました。解き方をマネしようと途中式を書いている答案や解説のポイントをきちんとメモできている答案からは「できるようになってやろう!」という気概を感じます。質問に来る生徒もいました。

今できているかは問題ではありません。他の人のいい行動をマネしていけるようになっていきましょう。わからないまま放置しないようにして下さい。考える力が育たなくなります。

方程式は必ずマスターしましょう。ここを後回しにすると、この後の単元はすべてわからなくなります。今なら正負の数と文字式の計算の復習だけで挽回できます。(p36, p66, p73を完璧に!)

逆にこれ以上単元が進むと「借金」が雪だるま式に膨れ上がっていきます。

来週からは期末テストの対策に時間を使うことになります。

この1週間、p36,p66の復習と方程式の練習に取り組んで下さい。

習慣化の話

突然ですが、三鷹はおいしいラーメン屋さんが多すぎます。3月、4月のわずか2か月で体が重くなりました。まずいなとは思っていましたがGWは九州で不摂生しました。さすがにこれ以上はまずいと思い、5/4は朝一でリングフィットアドベンチャーを買いに行きました。半ばダメもとで買ってみましたが、よくできていますね!おかげでなんとか3週間継続しました。ある本によれば無理やりでも3週間続けられたら習慣化するそうです。

この記事を書いた人

(膳所高校→防衛大学校→海上自衛隊→リクルートエージェント→学志舎2010年創業)海自とリクルートで培った「やりきる力」と「人の心を動かす力」を武器にエネルギー溢れるアツイ授業を展開。関西弁で入試問題にツッコミを入れながらテンポ良く進める授業で塾生達の頭をフル回転状態に。成績upや逆転合格を生み出す教育法は親御様から「学志舎マジック」と呼ばれる。たった1人で塾運営していた最後の年(2017年)には小5から中3まで200人以上の塾生の全授業を担当。日比谷・西・国立に計14名が全員合格となり業界で話題となる。過去5年間では都立高校に259名合格。そのうち西48名・国立26名・新宿19名・駒場27名・豊多摩23名と難関校・人気校受験で都内トップクラスの実績を残す。2022年3月には待望の三鷹駅前校がオープンし、中央線エリアからの入塾生が急増中。「一生忘れられない出会い」がここにあります。【趣味】テニス

目次