行くぞ学志舎!ソイヤ!(2022年)

塾長より

いよいよですね。

まず先に。御守り(寄せ書き)は持っていくとチカラになるのでオススメですよ。

さあ、あとは「執念」。

受験で座った席。それは桜咲き誇る4月に自分が座る席。

そう強く念じ、最後の最後まであきらめず、自分のすべてをぶつけていこう!

執念!

村岡教室長より

不安になったときは、学志舎でのこれまでの道のりを思い返してみよう。

この環境でやり遂げたということは何よりの自信になるはず。

焦ってきたら、深呼吸。

そして「できることから確実に」を意識して最後まで走り抜けよう!

試験会場に元気よく入り、全力を出しきり、笑顔で再会できることを祈っています。

佐藤先生より

みんなが本番の日を迎えるまでに、必死で机に向かってきた姿を、私は見てきています。本気とはどういうことかを、私の方が学ばされています。お世辞でもなんでもなく、私は心からみんなを尊敬しています。

誰よりも自分は努力してきたんだと、胸を張ってください。あとはその思いを答案用紙にぶつけるだけです。

緊張してしまっても、大丈夫。それは、志望校への思いが強いからです。

まずは、緊張できることを誇りに思ってください。その上で、深呼吸しましょう。(息を「吐き切ってから吸う」の順番が大事!)

上手くいかなかったと思う箇所があっても、最後までやり切ってほしい。その時その時の100%をぶつけてほしい。

10年前に県立高校一般入試を受験した私にとっても、それが最も後悔のない取り組み方でした。自信を持ってそう言えます。

みんなが全力を出し切れることを祈っています!応援しています!!

この記事を書いた人

滋賀県出身。膳所高校→防衛大学校→海上自衛隊→リクルートエージェント→学志舎。「プラス思考&全力で取り組む」といった良い習慣を身につけることをベースに指導にあたる。アルバイト雇用もなしに1人で塾運営していた最後の年(2017年)は小5から中3まで200人以上の塾生の全授業を担当。中3生(39人)は日比谷、西、国立に計14名全員合格の結果を残し、業界で話題になる。悔いのない受験を学志舎で。「一生忘れられない出会い」がここにあります。【趣味】テニス

目次
閉じる