情報をどれだけ捨てることができるのか?

GWはお休み頂き、ありがとうございました。

お陰様で滋賀に帰省し、親と孫が一緒に過ごすことができました。

改めて、皆様にお礼申し上げます。

中間テストを来週に控えている塾生も多い為、

5/10(日)は8:00~19:00オープンとなります。

活用していきましょう。

 

休み中に感じたのですが、スマホやタブレットはやはり便利です。

いろいろな情報を瞬時に収集することができます。

しかし、一方で収集したものがどれだけ頭に残っているか、

さらにどれだけ日常生活や仕事に活用できているかは疑問となるところです。

普段から頭の中をできるだけシンプルにしておきたいと思っていますが、

これだけ情報に溢れ、収集しやすい世の中になると、自分で意識しなければ、

そう簡単にシンプルにしておくことはできません。

もちろん情報収集は大切です。

しかし、同時に情報を捨てることも大切だと思うのです。

もっと言ってしまうと情報に触れないこと、目にしないことも大切なのかもしれません。

本業(仕事や勉強)や趣味に関する情報は捨てる必要はそれほど感じませんが、

それ以外のことは1時間も経てば忘れてしまう情報ばかりのような気がします。

休みでリフレッシュさせて頂いた今。

これまで情報収集しながら、必要としなかった情報については、

積極的に捨てていくという新しい自分にチャレンジしてみたいと思います。

そして本業(目の前の塾生の成長)に必要な情報だけを積極的に集め、

日々カイゼン、カイゼンの毎日を楽しんでいきます。

本当に気持ちのいい季節です。

私はこの5月が大好きです。

何をするにもエネルギーに溢れ、何でもできる、そんな気分になります。

こうした時期は新しいことを始めるチャンスかもしれませんね。

 

この記事を書いた人

滋賀県出身。膳所高校→防衛大学校→海上自衛隊→リクルートエージェント→学志舎。「プラス思考&全力で取り組む」といった良い習慣を身につけることをベースに指導にあたる。アルバイト雇用もなしに1人で塾運営していた最後の年(2017年)は小5から中3まで200人以上の塾生の全授業を担当。中3生(39人)は日比谷、西、国立に計14名全員合格の結果を残し、業界で話題になる。悔いのない受験を学志舎で。「一生忘れられない出会い」がここにあります。【趣味】テニス

コメント

コメントする

目次
閉じる