Wもぎの責任者の方との面談

先日、1時間半にわたり、入試動向についてお話して頂きました。

その際、学志舎の進学先や「最終の素内申36で立川高校に合格」「最終の素内申35で新宿高校に合格」のお話をお伝えすると驚いておられました。

また個人塾でさらには1教室で西、国立への複数合格者が出ていることにも賞賛の声を頂きました。

それを受け、卒塾生のことを誇らしい気持ちになりました。

中3生の授業では内容を共有しております。特に日比谷、西、国立の特長や国分寺、駒場、新宿、武蔵野北、小金井北、調布北、豊多摩の情報も共有しております。志望校選びの参考にしてもらえればと思います。

こうした直接お聞きしないと得られない「生の情報」はやはり貴重なものです。

一方、テスト会社様の努力により、今ではなかなか知りえなかった情報についても「入試報告会」などで個人塾にどんどん共有されていますし、各校の合格者の内申、模試偏差値のデータといった情報まで頂戴できます。

志望校を選定する際の参考資料として提供していきますので、希望される方はお子さんを通じてお声掛け下さい。

この記事を書いた人

滋賀県出身。膳所高校→防衛大学校→海上自衛隊→リクルートエージェント→学志舎。「プラス思考&全力で取り組む」といった良い習慣を身につけることをベースに指導にあたる。アルバイト雇用もなしに1人で塾運営していた最後の年(2017年)は小5から中3まで200人以上の塾生の全授業を担当。中3生(39人)は日比谷、西、国立に計14名全員合格の結果を残し、業界で話題になる。悔いのない受験を学志舎で。「一生忘れられない出会い」がここにあります。【趣味】テニス

コメント

コメントする

目次
閉じる