金曜3-中1(村岡先生)

学志舎 村岡です。

今回は中1文系についてです。

今週より動画をアップしております。

親のチカラupセミナー(2022年・春)

私から中1生の目標についてお話させて頂きました。ぜひ動画もご活用ください。
英語については、授業内容に加え、英検についても触れています。
親子で視聴されることをお勧めします。

目次

英単語テスト

難しい単語が入ってきて、満点をとれる子が減ってきました。
今が勝負どころです。
「‘小’とつくテストは満点が当たり前」という名言を残された卒塾生がいます。
(彼女は国立高校に進学されました)

学志舎塾生として満点にこだわってください。

暗記で大事なのは、
・声に出して、実際に書いてみること
・隠して、自分にテストしてみること
・時間をあけて、しつこく何度も確認すること
です。

教材として渡している英単語ドリルは、中2・中3の英作文でも使う重要な単語が含まれます。
よって正しいスペリング(綴り)で書けることも大事です。
セミナーの動画でも言いましたが、学年に関係なく先取りOKなのが単語です。
どんどん進めていきましょう。

社会は調べる癖をつけよう!

都立高校の入試で扱われるテーマや用語を中心に触れていきます。
細かい情報を含むテキストを使用しています。学校で習った範囲の復習にも活用しましょう。
また、社会という教科は「興味を持ってなんぼ」です。
例えば、世界遺産の名前が出てきたら、画像をインターネットで検索してみるなどして、視覚的に情報に触れるようにしてみてください。
調べる癖を今のうちからつけましょう!
(大人になったときに大きな差になりますよ)

国語(読解と漢字)

全国の高校の入試問題で演習を行っていきます。
日本語を使って生活している皆さんにとっては、努力しなくてもゼロ点はない教科ですが、
一方で問題の解き方や読解方法を理解していないと、感覚的に答えてしまい点数が伸びない教科でもあります。
授業で演習した文章については「解答根拠に線が引ける」ように見直してみましょう。

また中1生の動画で触れましたが、得点力に差が生まれるのが漢字です。
都立高校の入試において毎年必ず出題されるわけですから、各自少しずつ取り組むようにしましょう。

新しい学校、新しい出会いや挑戦があり、ワクワクと緊張が入り混じりつつも忙しく時が過ぎ去っていくのが中1という学年です。
学志舎講師一同、充実した日々を過ごされることを応援しています!

この記事を書いた人

滋賀県出身。膳所高校→防衛大学校→海上自衛隊→リクルートエージェント→学志舎。「プラス思考&全力で取り組む」といった良い習慣を身につけることをベースに指導にあたる。アルバイト雇用もなしに1人で塾運営していた最後の年(2017年)は小5から中3まで200人以上の塾生の全授業を担当。中3生(39人)は日比谷、西、国立に計14名全員合格の結果を残し、業界で話題になる。悔いのない受験を学志舎で。「一生忘れられない出会い」がここにあります。【趣味】テニス

目次
閉じる