【推薦組 出発!】さあ、自分の全てを出し切ろう!

学志舎の推薦特訓をやりきりました。
この特訓に参加してくれた先輩のユニーク数(重複しない個人の数)は、なんと47名。
一会場での実施とは思えない驚きの人数です。
今年もとても充実した約2週間の特訓となりました。おつかれさまでした。ありがとうございました!

応援してくれた先輩方、塾生をサポートをしてくださったご家族。
添削や面接を担当してくれた卒塾生の大学生。
講師の先生方に感謝し、本番で自分のベストを尽くしてきてください。

最後に伝えましたが、思い残すことはなにもありません。
それぞれが記述力をつけ、自分の良さを見つけることができた素晴らしい時間であったと断言します。

あとは同期のみんなや先輩、そして先生からもらったメッセージが力を与えてくれるはずです。
精一杯、自分なりの想いを志望校の先生方に伝えてきてください。
「この学校で学びたい」という気持ちを出し切れることを講師一同、祈っています!

目次

推薦特訓の模様

都立立川高校、都立西高校の先輩たち
都立西高校、都立戸山高校、都立立川高校、都立調布北高校、都立国立高校の先輩たち
都立駒場高校2年の先輩、正面は佐藤先生、右手は都立日比谷高校出身(現東大生)のI先輩

I先輩は、今回の推薦特訓において講師側で並走してもらいました。最後のアドバイスは動画で紹介したいくらいのクオリティでした。飛び入りで推薦チームへ一言くれた佐藤先生もありがとう!

塾長からの最後のメッセージ。アツイ。本番前に自分のメモを読み直そう!

1/26(木)中3(推薦組)の動き

本番の振り返りをして頂く回となりますが、推薦当日に長時間待機し、疲れが残る場合は遠慮なくお休みしてください。
17:30~@駅前校A教室

※16:00以降、入室可

来年受験する後輩のための情報を頂きます。ただし詳細を覚えておく必要はありません。メモも要りません。
自分の集中力は全て本番で出し切ってください!
この日は、振り返りの報告をもらい次第、自由解散となります。(残って学習をしたい人は、そのまま駅前校に残って頂いてもOKです)

また1/27(金)に選考が残っている人は個別に対応させて頂きます。講師まで声がけください。

<持ってきてほしい資料>
・「要返却」としている推薦特訓の書類
・添削した答案(いったん回収したのち、後日返却します)

特に仕分けせず、推薦特訓で使用したファイルごと持ってきて頂ければOKです。(ファイルは差し上げます)
その他、学志舎の後輩に共有したい資料などあれば預からせてください。

当日、不安になったとしても圧倒的な量と質でやりきった推薦特訓の経験がキミたちを支えてくれます。

先輩のメッセージにもありましたが、溢れんばかりの熱い気持ちをぶつけ、やり遂げましょう!

各自の全力を楽しんできてください!学志舎講師一同、応援しています!!

この記事を書いた人

大学卒業後、大手広告会社で営業や人事を経験。その後、企業や自治体、大学での講演活動に活躍の幅を広げる。採用の仕事において面接した学生数は1万人超。2017年秋、布施塾長の教育理念に共感し学志舎に参画。以降、小・中学生の文系授業を担当。

都立中学への細やかな作文指導が強み。都立高校の推薦入試においては、塾業界随一の面接経験、集団討論の経験を活かし、毎年、驚異の合格結果を出し続けている。直近5年間では都立推薦入試において74名を合格に導く。(1教室での実績)

多様な経験をしてきた強みを活かし、日々の学習を通じて社会で活躍できるような視座を子供たちに持たせることが目標。

一生ものの記述力をつけたい小学生。内申アップして一般入試で勝負したい中学生、将来に活きる推薦特訓で合格を勝ち取りたい中学生は、学志舎で待っています!

目次