水曜6(佐藤先生)

学志舎 佐藤です。

今回は小5理系についての投稿です。

目次

算数

分数の単元に入りました。
通分、約分は計算をする上で必須のものです。必ず習得しましょう。

前提として、分子と分母に同じ数をかけたりわったりしても、数としての大きさは変わらないという点を理解しておきたいです。

授業中にもお伝えしましたが、

「2倍細かくし(分母)、2倍集める(分子)」

「3倍細かくし(分母)、3倍集める(分子)」

その結果、大きさは変わっていないですよね。このことをまず押さえましょう。

理科

水よう液の性質について扱いました。

①透明であり②どの部分も常に同じこさである」ことが水よう液の特徴です。

日常生活でも、「これは水よう液かな?」などと考えてみるのも良いでしょう。

牛乳は…、炭酸水は…、お味噌汁は…。

筋トレ開始

ある日の駅前校での授業後、村岡先生にご購入いただいた腕立て伏せバーを用いて筋トレをしました。

最後の方は腕に力が入らず、塾長に腰を支えていただきながらの腕立て伏せになりました。
(もう腕が限界…と思っているのに体が持ち上がるということは、塾長が私を持ち上げるトレーニングになっていたということでは…)

軟式テニスを趣味で継続しているとはいえ、肉体的に自分を追い込む感覚は久々でした。
肉体は嘘をつきませんから、「今、自分は明らかに頑張っている!」という気持ちになれますし、テンションも上がります。

ということで、自宅にも筋トレグッズを購入いたしました。

佐藤、頑張ります。

この記事を書いた人

(膳所高校→防衛大学校→海上自衛隊→リクルートエージェント→学志舎2010年創業)海自とリクルートで培った「やりきる力」と「人の心を動かす力」を武器にエネルギー溢れるアツイ授業を展開。関西弁で入試問題にツッコミを入れながらテンポ良く進める授業で塾生達の頭をフル回転状態に。成績upや逆転合格を生み出す教育法は親御様から「学志舎マジック」と呼ばれる。たった1人で塾運営していた最後の年(2017年)には小5から中3まで200人以上の塾生の全授業を担当。日比谷・西・国立に計14名が全員合格となり業界で話題となる。過去5年間では都立高校に259名合格。そのうち西48名・国立26名・新宿19名・駒場27名・豊多摩23名と難関校・人気校受験で都内トップクラスの実績を残す。2022年3月には待望の三鷹駅前校がオープンし、中央線エリアからの入塾生が急増中。「一生忘れられない出会い」がここにあります。【趣味】テニス

目次