金曜7-中1(村岡先生)

学志舎 村岡です。

中1クラスはテスト準備期間中です。
6月からはだいぶ集中できるようになってきたように思います。
授業でも話しましたが、均等な力配分でワークやプリントに取り組むのではなく、
強弱をつけて自分ができない問題、覚えるべき内容と向き合うようにしましょう。

目次

 定期テストの大切さ

小学校時代と大きく変わるのが中学校での定期テストというイベントです。
学習範囲が広く深くなり、やることも増えますが、
まずは全体像の把握とスケジュールを決めましょう。

やるべきことを全て書き出し、
「いつまでに」「何を」「どのように」取り組むかを整理しましょう。

どの教科に対してどのくらい取り組むか、
現実的な目標(頑張ることで達成できる内容)が計画表に落とし込めているか。
「自分の進み具合を確認しながら、学習を進めていく習慣をつけていきましょう。

中1は作戦ミスも許される時期です。
自分なりにいろいろ試行錯誤していきましょう。

学志舎ではテスト準備期間は授業をストップしています。
この期間では質問対応はもちろん、
個別にアドバイスすることもありますし、テストでの失敗例も共有していきます。

自宅では得られない学習体験が学志舎の強みです。
周囲の塾生と切磋琢磨し、成長していきましょう!

追伸:
授業時に遅刻や欠席の電話連絡を親御様や本人から頂くことがありますが、
教務や面談を優先するため毎回出れるとは限りません。
緊急の呼び出しでない限りは、メールでご連絡を頂けると助かります

 

この記事を書いた人

(膳所高校→防衛大学校→海上自衛隊→リクルートエージェント→学志舎2010年創業)海自とリクルートで培った「やりきる力」と「人の心を動かす力」を武器にエネルギー溢れるアツイ授業を展開。関西弁で入試問題にツッコミを入れながらテンポ良く進める授業で塾生達の頭をフル回転状態に。成績upや逆転合格を生み出す教育法は親御様から「学志舎マジック」と呼ばれる。たった1人で塾運営していた最後の年(2017年)には小5から中3まで200人以上の塾生の全授業を担当。日比谷・西・国立に計14名が全員合格となり業界で話題となる。過去5年間では都立高校に259名合格。そのうち西48名・国立26名・新宿19名・駒場27名・豊多摩23名と難関校・人気校受験で都内トップクラスの実績を残す。2022年3月には待望の三鷹駅前校がオープンし、中央線エリアからの入塾生が急増中。「一生忘れられない出会い」がここにあります。【趣味】テニス

目次