【親御様の声】2019/10/26セミナー(1)

塾長です。

先月開催した、中3生向けの「親のチカラupセミナー(秋)」にたくさんのご参加とご感想を頂き、誠にありがとうございました。我々も改めて、皆さんの子を思う親心に触れ、その期待を肌で感じる、大変有意義な機会となりました。これから入試日に向けて、皆さんの思いを日々の指導の原動力とさせて頂きます。

 

頂いたご感想の一部を共有させて頂きます。皆さんの中で生まれた気づきを思い出して頂ければ幸いです。

 

◆いつもお世話になっております●●の母です。先日はお忙しい中、セミナーの開催ありがとうございました。感想が遅くなり申し訳ありません。今回も先生方のお話に頷くことばかりで一喜一憂する日々の気持ちを落ち着かせることが出来ました。我が家の今年は長男の大学受験から始まり長女の就活する姿を見届けてからの今、中3生の受験期を迎えています。村岡先生のお話は笑える程、私が今年痛感した全てが凝縮されていました。娘が好きな事を貫いて成長し自力で就活する姿はとても頼もしく、高校時代に色々と心配して言い争いした日々を反省しながら懐かしく思い出しました。子供は自分自身で選択したことは最後までやり切るし、学生時代をどんな風に過ごして自分らしく成長するかが一番大切なんだとつくづく感じました。次男はまだ自分の何かを見つけてはいませんが、日々塾に向かう息子の背中を見送りながら、こんなにハードワークな毎日を過ごせるなんて我が子ながら感心しています。残り四ヶ月、息子と程よい距離を保つ努力をしながらサポートしていきたいと思っています。授業日以外も休みなく自立学習をさせて下さる学志舎の環境に感謝しています。最後までどうぞご指導宜しくお願い致します。

 

◆先日は、親セミナーに参加させていただき、ありがとうございました。たくさんある高校の中から、息子にベストな高校を探し、挑戦ver. 安全ver.など3つのパターンを作っておくことで、現時点での不安がかなり解消できました。塾長や村岡先生を信じて、学校での勉強の仕方や先生との接し方を実践したり、塾で毎日勉強することで、この半年でだいぶ力がついてきていると、模試の結果を見ていて感じます。なので、私も前向きな発言をすること、家での時間はゆっくり過ごさせることなど、セミナーで教えていただいたことを実践しております。受験が終わるまであと4ヶ月、先生方の教えと息子の頑張りを信じて、見守りたいと思います。お忙しい中、中3の親を対象にしたセミナーを開いていただき、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

 

◆土曜日はセミナーに参加させていただき、ありがとうございました。大島さんからのお話は、受験生の立場からの気持ちを聞くことができ、そうか、娘はこんな気持ちで頑張っているのかと改めて感じることができました。大島さんがおっしゃった「仕事から帰ってきてまた別の会社に仕事に行く感覚で今頑張っている」という言葉は、とても分かりやすく、心に響きました。それだけでもすごいことで、もっともっと誉めてあげなければいけないなと思いました。大島さんは、いつも笑顔を絶やさず輝いていて、それは内面にある自信からくるものなんだろうなと思います。次に村岡先生からのお話は、つい目の前のことしか見えていなかった私にとってすごく参考になるお話で、もっと娘の将来のこと(大学受験だけでなく、さらに就職のことまで)も広い視野で考えておかなければならないのだと感じました。そして、高校受験がゴールではなく、こんなにも子供たちの将来まで見据えて指導してくださる塾は他にない!と思いながら聞いておりました。そして、布施塾長からのお話では、過去の生徒さんのデータから最新のデータまでかなり詳細に分析され、分かりやすくまとめられた表で、具体的な数字もはっきりと分かり、今後の娘の志望校への参考となりました。また、本校での質疑応答にも参加させて頂いて本当によかったです。小さなものから成功体験を積み重ね、自信に繋がるように私も笑顔で誉めつつ、娘をうまく伸ばしてあげたいなと思います。正直、ここ最近、私自身が少し不安になっておりましたので、このタイミングでのセミナーは、私にとっても救いとなり、ありがたかったです。「伸びる子はよく笑う」と先生のお言葉がありましたが、親である私がドーンと構えておかないと、子供はもっと不安になってしまうので、娘がいつも笑顔でいられるよう、私も最後まで笑顔でサポートしたいと思います。貴重なセミナーに参加させていただき、本当にありがとうございました。どうか今後とも、先生方の熱い熱いご指導をよろしくお願い致します!!

 

◆先日はセミナーに参加させて頂きありがとうございました。学生の大島さんのお話しも参考になりましたし、受験生の親として環境を整えることや、日常の言葉がけがいかに大切か痛感しました。また、高校受験だけではなく大学、就職といった先のことを見据えてお話してくださったり、過去のデータによる分析など学志舎でしか聞くことのできない内容でとても有意義な時間となりました。相談会の時間も取ってくださり、不安を解消することもできました。遅い時間までありがとうございます。 

 

◆布施先生、村岡先生、お忙しい中、セミナー開催ありがとうございました。そして、大島さん、ありがとうございます。最初にお話し下さった大島さんのお話しからは、娘の今の気持ちが伝わるようでした。毎日の通塾で疲れているのは理解していたはずなのに、どこかで当たり前になってしまい、毎日すぐに通塾する事自体すごく頑張っていたのですね。そして、日々誉めることが少なくなっていたなと反省しました。また、子どもの気持ちをよく聴き、よく話すことの大切さを再確認しましたので、一方的でなく、これから最終決定していく中でしっかり話そうと思います。村岡先生の先を見据えたお話しの中で、いつまでも素直さや礼儀は大切なのだということや、今もこの先も何事にも意識的に取り組むことの必要性を感じました。布施先生のお話しからは、この受験において今親が必要としている情報やポイントを細かく教えて頂きました。いろいろと迷っていた事にお話しを聞いて納得したり、しっかり考え直そうと思う点がありました。質疑応答でも、沢山の親御さんからの質問に丁寧にお答え頂きありがとうございました。そして、言葉がけ…すぐにきつくなってしまうのですが、実行したくなるような上手な言葉がけができるよう、努力したいです。塾で娘はたくさんのアドバイスを頂き、良い環境で勉強できていることに、改めて感謝する時間となりました。今後もご指導よろしくお願い致します。

 

◆先日はセミナーに参加させていただきありがとうございました。親としてもいろいろと悩むこの時期のセミナーは大変勉強になり、ありがたかったです。学校の進路面談が近いこともあり、まだ志望校が決まっていない我が家は少し焦っていたところでした。セミナーでは高校受験についてのアドバイスはもちろんのこと、将来を見据えて高校・大学ではどう過ごすべきかのアドバイスもいただきました。高校受験が終わっても子供たちは大学受験に就職にまだまだ気が抜けない生活が続き大変だなと思いながらメモを取り聞いていましたが、途中で「高校ではぜひ恋愛もしてほしい。そこからいろいろなことを学んでほしい!」と、受験のアドバイス同様そんな話も熱く語られていた塾長、そしてそこも真剣にメモを取る自分。後々思い返してなんだかクスッとしてしまいました。毎回あっという間に時間が過ぎてしまいます。子供たちもあと数ヶ月頑張れば受験が終わります。それと同時に学志舎を卒塾することにもなり、セミナーに参加するのも最後だったのかと思うと寂しさを感じています。受験まで親としてできることは全力でサポートしたいと思います。あと少しの間ですがどうぞよろしくお願いいたします。先生方も体調を崩されませんようにお気をつけください。

 

◆先日は「親のチカラupセミナー 秋の陣」ありがとうございました。ご案内をいただいてからずっと心待ちにしておりました。 卒塾生大島さんの堂々とした話ぶり、大勢の保護者を前にして圧巻のスピーチにまず驚かされました。あの輝きは、たくさんの努力に裏打ちされた誇りと自信がもたらしているんだなあと圧倒されました。3つのお話の中では、受験生本人の立場からみた親との関係性の話が特に興味深かったです。「不安は伝わる」という言葉、ああ心当たりある、と冷や汗モノでした。今後は肝に命じて決して娘に悟られないように努めたいと思いました。村岡先生のお話は、高校受験に限らず、将来的にどんな人間になりたいのか、自分の強みは何なのか、という観点からのお話でした。これまで私は娘にはぜひ「おもしろい人間になってほしい」と言ってきました。活き活きとした人は魅力的だ、そういう人になりなさい、と事あるごとに言ってきましたが、いまいちはっきり伝わっていないようで自分の語彙力のなさにがっかりし、伝わらないことにモヤモヤしていました。けれど今回のセミナーで村岡先生からぴったりの言葉をいただきました。「自分なりのユニークな強みで戦えるように」「自分が輝ける場所ってどこなの?」こういった視点から、高校、大学、またその先の仕事や生き方を探っていくこと、これこそ私が日ごろ娘に言いたかったことだなあと、村岡先生のお話から気づかされました。布施先生のお話、貴重なデータを基にした的確な分析で、励まされたり、身震いしたり、たいへん参考になりました。娘は”これから数学が大好きになっていく予定”なので、現在伸び悩んでいますが、いただいたデータの数々を見て「先輩方も最初から神様みたいなド天才ばかりじゃなかったんだ、成績も上がったり下がったりしてて、私もまだまだこれからじゃん!」と、数学のプリントに取り組みながら前向きです。私も不安ばかりでスマホ片手にネットの荒波に飛び込んでウソかマコトかわからないさまざまな情報に翻弄されてばかりいないで(この間数時間座ったまま)、ガッツポーズのバリエーションを増やし、とんとご無沙汰のランニングに精を出し、卒業式までにマイナス5キロの目標を達成できるよう精進したいと思います。何の話でしたでしょうか。まとめますと、今回のセミナーは①大島さんのような素敵な女子になってくれればなあ!②村岡先生のおっしゃった「自分なりのユニークな強み」を身につけて、③布施先生の膨大な数字データを見て現実も忘れずに!あと4カ月、親も子どもも忘れられない日々にしていきたいと思います。どうもありがとうございました。

 

◆セミナーに参加させていただき、ありがとうございました。2年前に学志舎に通わせて頂いた姉の時からお世話になっております。冒頭の大島さんのお話をはじめ、当時からお伝えいただいていた、親が色々と口を出さずに、子供と学志舎を信じて任せておけば良いということを再認識させていただくとともに、高校・大学・就職を見据えたお話しについても高校受験の先の心構えとして意識させられました。ただ、色々と頭では理解しているものの、当時の姉と比べて、本人の気迫の無さに対してはどうしても心配になり、余計な一言を言ってしまう場合があります。これからの終盤に向けて、そこはグッと飲み込み、サポートに徹しられるよう見守っていこうと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

 

◆いつも大変お世話になっております。先日は「親のチカラupセミナー(秋)」に参加させて頂きありがとうございました。先生方のお話しをお聞きすると毎回新しい気付きがあり、わかっているつもりでもまだまだ出来ていないのを感じ反省しています。今回は卒塾生の大島さんのお話しもあり、子供目線の様々な気持ちを聞けてとてもありがたかったです。その後も大学受験や就職の時を見据えたお話しも聞けて、色々な事を考えた上で志望校を決めなくては、と改めて思いました。セミナー後半、質疑応答の時間を設けて頂きありがとうございました。普段、他の保護者の方のお話しを聞く機会がないので、色々なお話し・質問をお聞きし他の方も同じ様な不安や心配があり、同じ様な気持ちでいるのを知る事が出来ました。あと数ヶ月、先生方の言葉をよく心して、子供と一緒にこのツライ受験期を楽しんで乗り切りたいと思います!これからもよろしくお願い致します。

 

◆先週土曜日はとてもお忙しい中で保護者を開催くださり、ありがとうございました。大島さんからは受験生が抱える不安、ストレスを率直に語ってくださり、全く同じではないでしょうが、今、そしてこれからの娘の心をイメージすることができ、親としてどう寄り添っていけばいいのか、具体的にイメージすることができました。先生方から大島さんにどうぞよろしくお伝えください。 とても素敵なお嬢さんで感心いたしました。素敵な大学生活が送れるよう、応援しております。村岡先生からは大学、就職と先を見据えたお話しを聴くことができ、高校受験はまだまだ第一歩、将来を考えるとまだまだ先は長く、今に囚われずもっと先を見る必要性も大切であること、そしてそれ故この一歩を選ぶことの大切さを考えさせられました。塾長のお話では、とてもわかりやすく資料が作成されており、時間がない中とても大変だっただろうと思い感激いたしました。塾長、村岡先生が話される言葉は、とても熱くどれも揺るぎない自信に満ちていて説得力があり、きっと子ども達も先生方の発する言葉の熱さ、自信を感じ取り、この先生たちについていけば大丈夫!と安心できるのだろうと思いました。いつもありがとうございます。これから本当に追い込みのかかる時期に入っていきますが、どうぞ今後とも厳しく熱く、ハートある指導をよろしくお願いいたします。

 

◆いつも大変お世話になっております。夏休みが終わり、模試の結果は少し上がってきたものの、志望校にはまだまだ届かず焦りはじめてきたこのタイミングでセミナーが受講できたことはとても有意義でした。今回のセミナーでは、布施先生より合否の具体的なデータを数字で見せていただき、まだこれからが頑張り時なのだと理解できて、焦る気持ちがとても和らぎました。また、焦っているとリフレーミングもつい忘れてしまいがちでしたが、『苦手科目』→『これから得意になる科目』と言えるよう、親もチカラをつけなくてはと反省しました。村岡先生のお話にありましたように大学進学、さらに就職も視野に入れて、自分を生かせる環境を考えながら、最終的な志望校を決定出来たらと思います。これまで、2学期の中間テストは1,2年ともに成績が全く振るわなかったのですが、今回の中間はこれまでの最高順位を取ることができました。学志舎での勉強の習慣が身について、少しずつ結果に出始めているのだと思います。内申対策はここからがラストスパートですが、4教科を上げる必要があるため、実技科目は特に積極的に取り組んで欲しいところです。また、学校の試験では社会が一番得意なのに、模試では社会で一番点が取れていないことも気になっていたのですが、これは布施先生から、「理社はこれから!」というお言葉を頂いたので、社会はこれから得意になる科目だと信じます。相談会で質問させて頂いた、テスト直しをおろそかにする件ですが、まだまだ軽い取り組み方に見えます。 正しい答えを横に書くだけで良しとするのではなく、なぜ間違えてしまったのか追求して次に生かせるようなテスト直しが出来たらと思うのですが・・是非ご指導頂ければ幸いです。卒塾生の大島さんのようにあれほど輝いている先輩でさえ、順風満帆ではなく辛い時期はあったということと振り返ればそれも良かったのだと思えるというお話を伺って、高校受験は子ども自身が自分と向き合って乗り越える人生の大事な通過点なのだと思いました。親が主体の小学校受験や中学受験では経験できないことです。これから、受験が近づくにつれてますます親がしなければいけないことは、○○の成長を信じ励まし続けることだと実感しています。 今後ともご指導の程よろしくお願いいたします。