親御様メッセージ(2020年 都立国分寺高校)※推薦合格

■入塾のきっかけ

娘が中学入学と同時に塾に通いたいと言い出したので、学志舎の体験を申し込みその場で入塾を決めたのが始まりでした。以前から教室の前に張り出されている合格実績を見て気になっていたので、学志舎の存在は知っておりました。HPから布施先生が生徒さんと真剣に向き合っている姿が感じられ他塾にはない魅力を感じていました。

 

■学習の様子

始めの2年間は部活との両立もあり、授業のある日だけ通っておりましたが、3年生になって部活引退後の7月からは毎日、自習に行くようになっていました。毎日自習に行くことで勉強量は増えたと思います。さらに夏休みに入ると夏期講習でかなりの勉強量をこなしたと思いますが、弱音を吐くこともなく淡々と日々やるべきことに向かって過ごしているように見えました。勉強だけの毎日でいやになってしまうのではと心配しておりましたが、先生の励ましや 同じように頑張っている仲間の存在も大きく支えになってくれていたのではと思います。

 

■志望校選び

志望校についてはなかなか決まらず本人もモヤモヤしている時期もありましたが、文化祭や学校説明会に参加し、ようやく10月になって国分寺高校に決めました。志望校が決まると気持ちもスッキリしたようで本人のやる気もアップし、内申も1学期から2つ上がりました。内申が上がったことで推薦に挑戦したいと本人が決意し、学志舎の推薦対策を2週間受けることになりました。推薦対策は塾のセミナーでも人間力が高まると聞いていたので、本人が挑戦したいと自ら言ってくれたのは大変うれしく思いました。

 

■推薦対策

推薦対策の2週間はとても貴重で中身の濃い忘れられない期間となりました。面接や集団討論を何度も繰り返し行っていたようで、自分の未熟さを突き付けられ、くやしい気持ちになることもありましたが、仲間や卒塾生、先生のサポートで確実に成長しているように見えました。最終日には娘に合格できるよと先生が声をかけてくれたそうで、最後は自分を信じて試験に臨めたと思います。合格発表の日、親子で緊張して掲示板に近づいていくと、娘が「あったー」と言って自分の番号を見つけました。この瞬間のために娘がどれだけ努力してきたかと思うと涙が溢れてきました。そして同時に学志舎の先生お二人の姿が目に浮かびました。

 

■最後に

娘にとってこれから人生を歩んで行く上で学志舎での3年間は大きな財産になるはずです。日々努力すること、そして何事も全力で取り組むことの大切さを教えていただきました。学志舎には勉強に集中できる環境があります。そして信頼できる布施先生、村岡先生をはじめ切磋琢磨しお互い高め合える仲間、親身になってサポートしてくれる卒塾生がいてとても心強かったです。全ての皆さんに心から感謝いたします。ありがとうございました。