親御様メッセージ(2020年 都立戸山高校)※推薦合格

息子が戸山高校の推薦合格を手にできるとは、2年前の成績からはとても信じられない、最高の結果となりました。この度の合格はひとえに、布施塾長・村岡先生の熱心なご指導のおかげです。心より感謝申し上げます。

 

我が家は上の子がおりますので、当時、周りにはすでに学志舎に通っている中学生のお子さんも多く、評判はかなり高いものでした。授業の様子を聞くにつれ、息子に合いそうだと直感し、“中学入学前に集中して勉強できる環境を”との思いもあって、6年生の秋に入塾いたしました。

 

その後は、休むことなく通塾していたものの、反抗期も相まって、なかなか自らの強い意思で勉強と向き合うことができず、中学入学後の成績は伸び悩んでおりました。毎年春に開催してくださるセミナーで、親は信じて「見守る」ことに徹するのが大切とのお話があり、以来、勉強に関してなるべく細かいことは言わないよう努めてはおりましたが、当時はつい口を出してしまいそうな勉強態度だった記憶があります。

 

2年生当初のクラス分けでは、難関クラスでなく応用クラスに。この頃、塾長からの度々の叱咤激励に、息子も遂にやる気になったようで、程なくして塾長から難関クラスへというお話がありました。以降モチベーションも上がり、勉強に対して真剣に向き合う時間が増え、内申アップへの努力を惜しまなくなっていきました。今、振り返ると、この時の悔しい思いが、後々頑張る原動力になったのかもしれません。また社会人としても経験豊富な先生方ですので、折に触れて、職業選択など将来に関するお話をしていただいたと伺っております。息子も進路について具体的に考える機会にも恵まれ、反抗期も落ち着いていったように思います。

 

3年生になると、1学期の内申アップで戸山高校の受験も視野に入れることができ、更にやる気が加速していきました。夏休みには、自校作成トップ校の問題を解くことで、徐々に苦手意識のある数学への理解が深まり、自信を持った様子でした。2学期以降は、限られた時間を無駄にすることなく、塾長や村岡先生の言葉を素直に受け止め、努力し続けることがもはや習慣となっていきました。

 

また、3年生の秋セミナーでは、大学受験や就職など最近の動向についてのお話もあり、高校受験は通過点と捉えることができたことで、私自身客観的になり、気持ちも解れました。受験期が近づいて、どうしても不安が募ってしまう時期に、とてもありがたい内容で感激いたしました。

 

親子で最も楽しみにしておりました、年明けの推薦対策講座では、先生方をはじめ、たくさんの先輩方のサポートが精神的にも心強く、同じ目標を持つ塾生と切磋琢磨しながら、毎日が濃い充実した時間になったようです。おかげで、合格に対しても貪欲になり、圧倒的な集団討論・面接の練習量は揺るぎない自信に繋がりました。推薦入試が近づくと、やや疲れは見えましたが、やり切った感のあるいい表情をしておりました。

 

3年余りの長い間、先生方には高校受験だけでなく、将来を見据えて、様々な視点から成長のきっかけも与えていただきました。これは他塾では、なかなか経験できないことだと思います。息子も学志舎での貴重な経験を心に刻んで、これからの人生に生かしていければと願っております。先生・先輩方・塾生の皆さま、大変お世話になり、ありがとうございました。末筆ながら、学志舎の更なるご発展をお祈り申し上げます。