親御様メッセージ(2020年 都立西高校)

この度、布施先生、村岡先生のご指導のもと、息子は念願の西高校に合格を頂きました。感謝の気持ちでいっぱいです。学志舎との出会いは小6の春。静かで緊張感のある教室は、私の求めていた環境にぴったりでした。体験した息子はスピーディーな授業に圧倒されたようでしたが、この塾なら通いたい!と即答してくれました。

 

入塾してから息子は気持ちが前向きになった気がします。三鷹中を受験したいと言うようになり、夏から受験勉強を始めました。頑張ったものの、残念ながら結果は不合格。挫折を経験し、これをバネに高校受験に向けてのスタートとなりました。都立を目指すに当たり重要な内申については、先生から何度もその対策をお聞きしていましたが、口数の少ない息子はあまり実行に移すことができなかったようです。その結果、第一志望校を受験するには、内申が厳しい状況のまま本番に臨むことになりました。

 

ただ息子はとてものんびりしていてマイペース、模試の結果などにもあまり動じることはありませんでした。今思うと、受験に神経質にならず、マイペースながらあきらめない気持ちと地道な努力を継続できたことが、今回の結果に繋がったのだと感じています。親としては不安になることも多々ありましたが、勉強のことは先生方にお任せし、親は体調管理と家でリラックスできる環境作りに専念しようと決めていました。

 

このような心境でいられたのはセミナーを開催していただいたおかげです。「子供を信じて親は子供のよきサポーターであれ」ということ。先生方がこれまでに蓄積された多くの知識や経験が、子供達に様々な面で活かされていること。それを強く感じとることができたからでした。

 

最後の模試でようやくA判定を頂きましたが、それまでは内申も模試の成績も第一志望には届かない状況が続いていました。直前まで第二志望に変更した方がよいのではないかと悩みましたが、本人は第一志望でいく!との強い意志。先生方からも第一志望でいくことに同意していただけたとのことでしたので、信じてそのままいくことにしました。

 

今回の逆転勝利につながったひとつの要因は、数学という得意科目をもっていたからだと思います。一方で、覚えることの多い科目はなかなか難しく、勉強時間も圧倒的にこちらの方が多いにもかかわらず、点数は伸びないままでした。しかし、数学で点数を取れるとの自信が精神的に余裕を与えていたのかもしれません。今回の受験で、それがより明確になったことは、親にとっても新たな発見でした。自分から勉強することなどなかった息子が、学志舎に通う中で徐々に第一志望校を定め、その高い目標に向かって頑張ることができたことを親として本当に嬉しく思っています。これは、先生方の的確なアドバイスや叱咤激励、卒塾生の皆さんの応援、塾生が集中できる環境、すべてを整えていただけたからです。学志舎に出会えなければ今回の合格はありませんでした。今回今までにない努力を継続できたことは、息子の大きな自信にもなったでしょう。将来にとっても非常に貴重な財産を授けていただけたことにとても感謝しています。まだこれからの高校生活でもいろいろな壁にぶつかると思いますが、先生方にはまたアドバイスを頂ければ嬉しく思います。よろしくお願いいたします。本当にありがとうございました。