親御様メッセージ(2020年 都立駒場高校2)

3年間ご指導をいただきありがとうございました。以前から塾の前を通るたびに生徒たちが一心不乱に勉強している様子が気になっていました。息子が中学に進学するにあたり、それまで通っていた大手塾では息子に合わないと感じていたので、一度体験をさせていただき、塾長のまっすぐな姿勢に親子ともども共感し、入塾させていただきました。

 

部活に注力していた中3の夏までは塾についていくのが精一杯のようでしたが、ある日塾から帰ってきた息子が唐突に「駒場高校に行きたい」と言い出し、そこからの本人の頑張りようは目を見張るものがありました。

 

夏休みは毎日ヘトヘトになりながら家に帰ってきながらも、翌日には前を向いて塾へ「行ってきます」と元気よく飛び出していく姿は頼もしい限りでした。以来、親も驚くほど成績が伸びていき、学校との面談時に「とても頑張っていると各教科の先生方が感心している」と言われるところまで努力を重ねていました。

 

とは言え、本人は自信と不安とに挟まれ、心が疲れた時には随分と落ち込み、「もう第1志望校は諦める」という弱気な発言も幾度となくありました。その度に布施塾長や村岡先生からの励ましの言葉をいただき、乗り越えてきました。特に1月のVもぎで思いのほか成績が落ち、心が折れそうになった時に、タイミングよく面談をしていただき、プロの目線からの率直なアドバイスを心のこもった応援メッセージとともに投げていただきました。親がいくら応援してもあまり足しにはなりませんが、先生方からの応援はプライスレスな価値がありました。

 

おかげ様で、3年1学期の成績からすればチャレンジでしかなかった第1志望校に、大逆転での合格を見事勝ち取ることができました。布施塾長、村岡先生の温かくも厳しいご指導、学志舎の仲間達のおかげで、息子は自らの人間性を磨き、幾度も試練を乗り越え、成長することができたと思っております。合格・不合格に関わらず得難い経験であり、息子がこれから社会へ出ていき、自分の力で人生を切り開いていく道程において、基礎体力となり、支えてくれるものと確信しています。改めて心から感謝申し上げます。

 

学志舎の益々のご発展と、今後学志舎で学ぶであろう多くの学生の活躍をお祈りしています。