親御様メッセージ(2021年 都立国分寺高校2)

都立国分寺高校(H様)

この度は、布施塾長、村岡教室長のご指導の下、娘が都立第一志望校に合格することができました。約1年半に渡り、娘を成長させて頂き、心から感謝申し上げます。

全てが衝撃的な事実として記憶に残る体験

娘は通塾の経験がなく通信教育を利用しておりました。偶然にも、友人との会話の中で学志舎の塾名を聞き、ホームページを拝見した処、直感でこの塾にお世話になりたいと感じるようになり合格体験記を拝読しておりました。思い出すのは、面接でお邪魔した時の緊張感、お会いした時の塾長と教室長のインパクト、ペンを動かす音しか聞こえない教室。全てが衝撃的な事実として記憶に残る体験でした。恐らく、娘は入塾を拒むだろうなぁと思いきや、真逆の反応に少し驚いたことが懐かしく思い出されます。ご縁を頂き、中学2年の秋から学志舎にお世話になりました。学校では絶対に経験ができない、試練、喜び、挫折、挑戦。正に、禍福は糾える縄の如し通り、学志舎は成長への様々な経験を娘に与えて下さいました。しかし、合格までの道のりはとても厳しいものでした。中学3年の秋以降から思うように成績が伸びず、悩む日々が長く続きました。しかも、体調不良も長期化してしまい自立学習に参加できない日も増えていました。

学志舎スピリットのお陰

親として、この時期を速やかに短縮ができなかったことは猛省すべき点です。しかし、この試練を乗り越えられたのは、学志舎で取り組んできた圧倒的学習量に裏付けされた娘の自信であり、学志舎スピリットのお陰だと確信しております。それは、娘の学志舎で使用していたノートを見ると、その自信の根拠が分かります。これだけの学習量を熟してきた娘は不安こそあれ、試練に挑戦しながら問題に取り組み、自信を持って試験に臨めたと思います。そして、学志舎スピリット同様に、同じクラスで学ぶ志の高い仲間達の存在が大きな支えであったことは間違いありません。

普段の学校生活では決して得られない刺激と驚嘆

また、卒塾生の体験談や適切な助言は、志望校を目指す自分の士気を高める力を頂けたと感謝しておりました。また、休憩中の仲間との会話や散歩が楽しかったようです。帰宅後、塾での出来事を楽しそうに話す娘はとても生き生きしており、普段の学校生活では決して得られない刺激と驚嘆が、学志舎で過ごす時間の中にあったのだと思います。結果、「一生忘れられない出会い」をしっかり体感し、娘は卒塾することができました。最後に、布施塾長、村岡教室長、学志舎を通じて邂逅した皆様、そして、経験をさせて頂いた全ての事柄に感謝致します。ありがとうございました。