親御様メッセージ(2021年 都立西高校7)

都立西高校(K様)

この度は息子が都立西高校に合格することができ、今までご指導くださった布施塾長、村岡先生には心より感謝申し上げます。

何もかもが刺激的で、早く塾に行きたい、というのが口ぐせに

小学5年生の頃、なんとなく中学受験を意識しながら塾を探していました。大手塾に体験に行きましたが、本人のこれといった決め手もなく迷っていたところ、学志舎のブログを知りました。見れば見るほど、まさにこの塾!塾長にお会いしてみたい!(その当時は塾長お一人でした)という直感から、すぐに体験に行かせていただきました。大人でも入っていいのか躊躇うほどのピリっとした空間、学志舎の熱い信念、合格実績を伺い、親子共に、ここで学び高校受験をしたいと高揚感を覚えながら帰ったことは、今でもはっきりと記憶しています。こうして息子は学志舎で都立高校をめざす事になりました。(あとでわかったのですが、本人はすでにこの時、西高校に行きたいと決めていたようです。)塾のスピードも、塾長、村岡先生のお話も息子には何もかもが刺激的で、早く塾に行きたい、というのが口ぐせになっていました。学校、部活、塾、趣味のピアノ、サイクリング等、どれもやりたい!しかも本人の中ではどれも自分の満足のいくある程度の出来を求めていたので、いっぱいいっぱいになっていた時もありましたが、先輩方の姿を見て模索しながら有意義に過ごしていたと思います。

親から見てもよくこれだけ集中して勉強できるなと感心させられました

学志舎に入るまでは、親に言われてから行動を起こすタイプでしたが、入塾してからは積極的に自分の考え、意見をきちんと言えて行動できるようになりました。それは、同じ環境で同じ目標を目指す仲間が近くにいて互いに切磋琢磨している学志舎の雰囲気が子供を成長させ、また、塾長と村岡先生の熱のこもったご指導により子供のやる気スイッチが一段と入ったからだと思います。先輩方の姿を近くで見れたのも大きかったと思います。受験期では、疲れた顔をあまり見ることはなく、あの空間が心地よかったのでしょう。親から見てもよくこれだけ集中して勉強できるなと感心させられました。

学志舎の基本を大切にし人間形成に重きを置いている考えにも感銘を受けました

また、学志舎では親も育てられました。初めての受験で不安ばかりが先行していたなか、セミナーでは、親としての心構え、子供をどうサポートしていくか、見守ることの大切さを教えていただきました。勉強に関しては先生方のご指導のもと安定した成績が出ていたのであまり心配はしていなかったのですが、生活面において、部屋の汚さ、時間にルーズな息子を目の前にしては、口だしせず見守ることは言葉以上に難しいものでした。「家は安らげるげる場所、帰る場所」「親は先生ではなく応援団」というワードを常に心にとめ過ごしてきたように思います。また、学志舎の基本を大切にし人間形成に重きを置いている考えにも感銘を受けました。

親も口が出せないくらいに夢中になっていた

子供の受験は親にとっても初めてのことで緊張しました。それは、親が変わってあげられるわけではなく、子供が頑張っている姿を見守ること、子供を信じて応援することしかできないからです。最後の数ヶ月は、ただただ無事に入試が終わってくれることを祈る気持ちで日々を過ごし、お弁当を作り、そして後ろで見守る、この繰り返しでした。推薦対策では、国語に苦労していたので、集団討論がなくなったことで親としては多少不安もありましたが、毎日帰ってくる度に顔付きが変わっていく息子を見ていると、とても充実した貴重な時間を過ごさせていただいている事がわかりました。睡眠時間を心配していましたが、この時ばかりは本当に親も口が出せないくらいに夢中になっていたのだと思います。村岡先生のご指導、先輩方がこのような状況でも何度も面接練習、応援をしに来てくださったことを聞き、じんとくる思いでした。

私までケアしていただき、本当にありがとうございました

入試を終え清々しい顔で帰ってきた息子を見たときに、持てる力は全て出し切れたんだなと感じました。ですが残念ながら、推薦入試で息子の番号を見つけることはできませんでした。親子共々初めての挫折を味わいました。正直どうなってしまうのかと思いましたが、学志舎で学んだ5年間の自信が息子にはあったのでしょう。親よりも強い息子の姿がそこにありました。学志舎に入塾したころには想像もできない姿でした。もともとプラス思考でしたが、学志舎で養われた前向きな気持ち、強い信念、そして仲間の存在がさらに強くさせてくれていました。情けない事に親の私の方が立ち直るのに時間がかかり、息子からは塾でいただいた本「ポジティブの教科書」を勧められ、また塾長、村岡先生からかけていただいたお言葉には大変救われました。私までケアしていただき、本当にありがとうございました。親ではできなかったことを先生方、仲間に支えていただきました。学志舎にお世話になって良かった。いい仲間に出会えて良かった。心からそう思いました。1ヶ月後、受験番号を見つけた時には、ここぞとばかりに息子に抱きついていました。子供はいつか親元を飛び立ちます。子供が自分の夢に向かって飛び立つ日がすぐそこまで来ているのかもしれません。学志舎で学ばせていただいた5年間は息子にとって貴重で、この経験が大きな糧になることは間違いありません。あの時、体験に行き学志舎との出会いがなければ、このようには思えなかったでしょう。布施塾長、村岡先生、卒塾生の皆さん、そして同じ時間を共有した仲間たちとの貴重な出会いに心から感謝いたします。本当にありがとうございました。