親御様メッセージ(2021年 都立調布北高校2)

娘は最初、大手の塾に入塾していました。中1秋ぐらいからだんだん勉強に対するやる気がなくなり、成績も下がり始めました。そこで勉強だけでなく精神的な成長を成し遂げることが出来る塾を探していたところ、学志舎に巡り合うことが出来ました。

「このままではダメになる。頑張る。」

入塾してからもなかなか気持ちと行動が伴わず親子でぶつかり合うこともありましたが、学志舎のセミナーで親としての心得を聞いてからは出来るだけ娘に言わない様に、娘を信じる様に心掛け過ごす様に努めました。(余りにも目に余る時はつい言ってしまい、反省すると日々でした。)娘なりに先輩方のやり抜く姿、講義中での先生のメッセージで自分自身と向き合っていたのだと思います。中2の終わりに娘が「このままではダメになる。頑張る。」と言った矢先に、学校が休校になり親子ともにどうなるか不安に思っていたところ、一早くzoomでの自習を開催してくださり、娘も積極的に参加して、休校明けのテストで良い助走が出来、それから頑張れるようになりました。

学志舎に通わなければ今の彼女の姿は想像できません

志望校もなかなか決まらず、親としては心配しておりましたが、志望校が決まってからは頑張っていたように思います。とにかく家では学習が出来ないタイプの子でしたので、ひたすら自習室に通い受験を迎えました。受験まで不安になることが何度もありましたが、布施塾長先生、村岡先生のアドバイスのおかけで娘を信じることが出来乗り越えることが出来ました。親子共に学志舎に通わなければ今の彼女の姿は想像できません。本当に布施塾長先生、村岡先生、学志舎の皆さんのおかげです。学志舎の自立学習は他とは比にならない位の集中で、この体験が今後の彼女の人生に活かされたらと思っております。ありがとうございました。