親御様メッセージ(2021年 都立駒場高校5)

都立駒場高校(N様)

入塾のきっかけは、「都立を目指すなら学志舎がいいよ」という友人のアドバイスでした。さっそくHPで調べてみると入塾条件に「関心・意欲・態度」があり、心をグッと掴まれました。これは小学生の頃から「最低でもここだけは○をとろう」と話してきたことだったからです。

先生方の言葉は、親の言葉と違い息子の心を変えました

息子は中学からサッカーのクラブチームに入り、1年生の間は生活に慣れるために塾には通いませんでした。反抗期真っ只中で、1年生の成績はオール3、「関心・意欲・態度」はオールBでした。2年生はサッカーとの曜日が重なり、大手の塾に通いました。まだまだ反抗期で、字は薄くて汚く、定期テストでは字が汚いという理由で何点も落とされ、親が焦りを感じ、書き方教室にも連れて行きました。たくさん息子と話し合い、やる気スイッチを探しましたが見つかりませんでした。サッカーの平日練習と重ならなくなった3年生、満を持して学志舎の仲間入りを果たしました。そして、ここにやる気スイッチがありました!!それは先生方との出会いです。先生方の言葉は、親の言葉と違い息子の心を変えました。心が変われば立ち振舞いも変わり、部屋も整理整頓され、学校の先生からも「変わりましたね」と言われ、勉強への執着が変わりました。

「関心・意欲・態度」はオールAになっていました

夏休みは炎天下の中サッカーの練習をし、待合せをして荷物を交換し、嫌な顔ひとつせず当たり前のように塾に通いました。それだけ塾に魅力があり、頑張れる空気、頑張りたいと思わせる何かがあったのだと思います。そして気がついたら筆圧は強くなり、「関心・意欲・態度」はオールAになっていました。内申点は目標に届きませんでしたが、当日点でなんとか挽回し駒場高校に合格することができました。

過去の分析データは志望校を決意するのに大変役立ち、希望を与えてくれました

息子の態度で不安を感じた時は先生方にメールで相談し、また近所の公園で布施塾長を見かけた時は、声をかけて相談させていただいたこともありました。正直、口うるさい親になりたくありませんでしたが、不安というものはそれをも上回り押し寄せてくるものです。先生方には親のメンタルケアもしていただいたと思っています。今年のセミナーはコロナ禍で対面ではありませんでしたが、動画や資料がわかりやすく、過去の分析データは志望校を決意するのに大変役立ち、希望を与えてくれました。

目先の高校からもっと先の人生まで考えるように

息子に、なぜ先生方を尊敬するのか聞いたところ、オーラがあり、生き様がカッコイイとのことでした。それはきっと普段からご自身の考えや人生経験を話してくださっていたからだと思います。それにより、目先の高校からもっと先の人生まで考えるようになりました。息子にとって高校合格はもちろんのこと、人生にプラスになる場所となりました。一期一会に感謝です。本当にありがとうございました。(最後に。欲を言えば、村岡先生の推薦特訓講座受けさせたかったです。)