親御様メッセージ(2022年 都立調布北高校1)※推薦合格

学志舎に出会え、布施塾長と村岡先生の熱い御指導のお陰で第一希望の調布北高校に推薦合格することが出来ました。心より感謝申し上げます。中2の2月、インターネットの口コミランキングや広告等を参考に、複数の塾を訪問していました。そんな中、たまたま通りかかり目にした張り紙の内容に釘付けとなり、すぐ学志舎の名前を検索して存在を知ることとなりました。学志舎のホームページの内容は、他塾と異なり、塾長の熱意や本気度が溢れていて、私どもの心に突き刺さり、速攻で体験申込みをしたのを覚えています。

 

体験相談では、数十人の塾生が自主学習している中で息子は入塾テストを受け、私どもは末席で卒塾生の書いた卒塾生の色紙を読みながら待機していました。塾生達の勉強に向う真剣な姿勢や態度、挨拶等の礼儀を拝見し、衝撃を受けたことを今でもはっきり覚えています。和気あいあいとした雰囲気を売りにする塾もある中で、私どもの存在すら気にもならず、一心不乱に問題を解き続けている塾生達の集中力を、是非息子にも身につけて欲しいと思いました。

 

入塾直後は、授業スピードや内容についていくのが大変なようで、少し弱気になったりしていましたが、塾長や村岡先生の学習内容以外の話がとても面白いようで、先生方の経歴など楽しそうに話してくれました。中3の1学期、内申点に伸び悩んでいた頃、塾長から内申の重要性を教えてもらったことで提出物の徹底は勿論のこと、各教科の先生に質問のため足を運び、授業で発言するなど積極的に行動していました。親が同じことを話しても全然実行しなかった息子でしたが、先生の言葉で息子の中でスイッチが入ったのだと思いました。親に反発したくなる難しい時期に、親以外の大人で信頼できる先生に出会えたことは、息子の岐路においてとても幸せなことであったと、本当に有難く思いました。息子の努力が結果につながり、2学期には内申点を上げることができ、推薦入試を受ける目安となる点をクリアすることが出来ました。

 

中3の夏期・冬期講習や平日に加え、土日祝日と毎日学志舎に通い、圧倒的な勉強時間の中で集中力や忍耐力、学力を着実につけ、模試では良い判定を取るようになり、本人の自信やモチベーション維持になっていました。一方親は、判定が良くて気を緩めてほしくなく、家でリラックスしてゲームをしている息子に何度小言を言ってしまいそうになったことか。しかし、保護者向けのセミナーにおいて「あれこれ小言を言ってはいけない。」「気持ちよく塾に送り出すように。」と学んだので、それを信じて息子を信じて言葉を飲み込んでいました。結果的には家ではリラックスして過ごせ、学志舎では勉強に打ち込む、メリハリのある生活ができたのだと思いました。また夫婦で事あるごとにセミナーで学んだことを確認し合ったことで、親の力・夫婦の力・忍耐力が培われたと思います。保護者向けのセミナーや通信では、これまで蓄積されたデータに基づき解説されているので、分かりやすいだけでなく、説得力があり、とても参考になりました。

 

推薦入試を受けるまでの2週間、みっちり小論文と面接対策をしてもらいました。村岡先生からの的確なアドバイスや、サポートに来ていただいたたくさんの卒塾生から助言をもらいました。また難関クラスの塾生と一緒に面接練習を行うことで、普段と違う考え方に触れ、伝え方のテクニックについても学ぶことができたようです。そして何よりクラスや学校を超えた仲間意識が生まれ、お互いに切磋琢磨しベストを尽くそうと団結する、他では味わえない熱くなれる時間を過ごしたようです。

 

試験当日は、これまでの圧倒的な勉強時間と先生に培っていただいたポジティブ思考により、自信をもって挑むことができたようです。学志舎に出会えたこと、学べたことにとても感謝しております。そして学志舎で大きく成長した息子が誇らしく思います。本当にありがとうございました。