親御様メッセージ(2022年 都立国分寺高校:Oくん)

中学1年生の時は他塾に通っていました。塾では毎週テスト、毎月テスト。学校も小テスト、定期テスト。点数もやる気も散らかっていました。お友達の紹介で学志舎を知り、ホームページを拝見しました。基本は「中学校できちんと結果を出す」ということ。また、親としては学志舎の「熱さ」に魅力を感じました。志望校に合格よりも多感なこの時期に学志舎に参加することで、良い価値観を学べる場になるのではないかと思いました。

中2の初め頃からコロナが流行りだし、不安な世の中でしたが、学志舎はZOOM、VIMEO動画とフットワーク軽く、ホームページも毎日のように更新され、安心感とワクワク感しかなかったことを覚えています。ZOOMでも集中して問題を解き続ける塾生から刺激をいただき、周りに追いつこうと努力はしていたと思います。中3の夏期講習という山を超え、土日も入試まで自習室を開放していただき、全てに参加することで粘る力はつきました。ですが仮内申は37と思うほどのびませんでした。模擬試験では緊張で国語・英語の長文が全く頭に入ってこない。ということが続いたようです。

テスト返却で塾長からお言葉をいただき、問題量に重きを置いて「やるしかない」と吹っ切れたかと思います。たくさんの問題を用意していただき、毎日のカバンはパンパン状態でした。最高の準備をありがとうございました。都立入試一週間前は勉強が楽しくて仕方がない。というセリフが本人から自然と出ていました。先生方やクラスの皆に書いていただいた寄せ書きは、本当に力になったようです。贅沢な環境(勉強量・自立学習・先生・仲間)がそろった学志舎でなければ、この経験はできなかったです。ありがとうございました。

この記事を書いた人

(膳所高校→防衛大学校→海上自衛隊→リクルートエージェント→学志舎2010年創業)海自とリクルートで培った「やりきる力」と「人の心を動かす力」を武器にエネルギー溢れるアツイ授業を展開。関西弁で入試問題にツッコミを入れながらテンポ良く進める授業で塾生達の頭をフル回転状態に。成績upや逆転合格を生み出す教育法は親御様から「学志舎マジック」と呼ばれる。たった1人で塾運営していた最後の年(2017年)には小5から中3まで200人以上の塾生の全授業を担当。日比谷・西・国立に計14名が全員合格となり業界で話題となる。過去5年間では都立高校に259名合格。そのうち西48名・国立26名・新宿19名・駒場27名・豊多摩23名と難関校・人気校受験で都内トップクラスの実績を残す。2022年3月には待望の三鷹駅前校がオープンし、中央線エリアからの入塾生が急増中。「一生忘れられない出会い」がここにあります。【趣味】テニス

目次
閉じる