親御様メッセージ(2022年 都立国立高校:Yくん)

息子が学志舎に入塾させていただいたのは中学3年生の4月でした。きっかけは先輩ママの熱いすすめでした。彼女の「先生を信じて任せておけば大丈夫。あなたは黙って見守ればいいだけ」と言う言葉に強く惹かれて入塾させて頂きました。

 

子供を信じて見守る。正直、最初はなかなか難しかったです(笑)。我が家はリビング勉強で、そしてカウンターキッチンのため嫌でも視界に入ってしまいついつい口出しすることもしばしば…息子もそれに反発して親子でぶつかることもありました。あーまた言ってしまった!!と反省し、明日からは何も言わないぞ。と決意し数日後にまたまた繰り返す…最初の数か月はそんな日々でした。

 

そんな息子が変化してきたのは夏季講習が始まってからでした。やればやるだけ点数に繋がることを実感してきたようでした。相変わらず気分によって絡んでくる母親を華麗に躱すようになってきました。塾の友達もでき始め、先生方の話も楽しそうにする息子の顔から充実感が垣間見え、だんだん私も見守ることが出来るようになってきました。

 

学期以降は時間が許す限り、塾に入り浸るようになりました(塾の方が断然集中できるようでした)。私は息子になるべく何も聞かず敢えて把握しないことを心掛けました。これは自分自身の精神安定の為でもあったと思います。息子を見守っているようで実は自分自身を守っていた気がします。そんな気が小さくブレブレの私が母として唯一やったことは、「栄養バランスが整った食事を作ること」です。シンプルにこれだけです。だからこそ改めて思うのは、息子は学志舎の皆様をはじめ、出会ったすべての方々に育てられ、その関わりによって成長しているのだと実感しています。感謝の気持ちを忘れず、この合格をスタートと捉え、前進して欲しいと願っています。そして、私自身も、その息子の傍でこれからも母として少しずつ成長していきたいと思います。

 

最後に、息子の志望校合格に至るまでご尽力いただいた学志舎の先生方、そして志を共にした塾生の皆様に、改めて心より御礼申し上げます。

この記事を書いた人

(膳所高校→防衛大学校→海上自衛隊→リクルートエージェント→学志舎2010年創業)海自とリクルートで培った「やりきる力」と「人の心を動かす力」を武器にエネルギー溢れるアツイ授業を展開。関西弁で入試問題にツッコミを入れながらテンポ良く進める授業で塾生達の頭をフル回転状態に。成績upや逆転合格を生み出す教育法は親御様から「学志舎マジック」と呼ばれる。たった1人で塾運営していた最後の年(2017年)には小5から中3まで200人以上の塾生の全授業を担当。日比谷・西・国立に計14名が全員合格となり業界で話題となる。過去5年間では都立高校に259名合格。そのうち西48名・国立26名・新宿19名・駒場27名・豊多摩23名と難関校・人気校受験で都内トップクラスの実績を残す。2022年3月には待望の三鷹駅前校がオープンし、中央線エリアからの入塾生が急増中。「一生忘れられない出会い」がここにあります。【趣味】テニス

目次