親御様メッセージ(2022年 都立西高校:Aくん)

この度は息子の念願だった都立西高校に合格させていただき、布施塾長、村岡先生には感謝の気持ちでいっぱいです。お二人との出会いは息子の人生の中で決して忘れられないとても貴重な時間だったと思います。本当にありがとうございました。

学志舎を選んだきっかけ

中学受験はしないと決めていた息子が小学6年生になる頃、ある友人から三鷹に都立受験の難関校に強い塾があり、とても優秀な子が通っていることを聞いて早速入塾体験に申し込みさせていただきました。そこで先生方に何かスポーツをやっているか聞かれ、「受験は体力勝負ですよ」と言われ、そんなことを質問される塾は初めてだったので、正直ビックリ!致しました。幼少期から色々なスポーツを真面目に取り組んでいた息子にはピッタリと思い、また村岡先生と同じスポーツをやっていたことで話が盛り上がったことも覚えています。息子も通ってみたいとのことだったので、直ぐに入塾を決めました。

セミナーについての感想

あまり一方的に勉強勉強と言うのはどうかと以前から思っていたので、先生方の話にはとても共感致しました。私自身、勉強が大嫌いだったので私からその様なことを言う立場ではないと思っておりました。しかしながら、血が繋がっている息子には思ってもいないことを言ってしまいがちです。母親の言う言葉が一番気になってしまう為、そういう時は布施塾長と村岡先生のセミナーのことを思い出して、ぐっと堪えて親は応援して健康管理をしていればいい。と自分に言い聞かせておりました。お二人の説明はとても分かりやすく、なるほどと頷くことばかりで、とても勉強になりました。

子供の受験期の成長ぶりと親の心境

中学2年生の2学期頃から、息子の勉強への取り組み方が明らかに変化したのが分かりました。布施塾長、村岡先生からのアドバイスを素直に受け取り、学校や家でも実践し、計画的に効率良く勉強をするようになりました。学校での内申は比較的悪くはなかったものの、推薦受験を目指していたので、「推薦ではなく一般で受ける」と本人から聞かされた時は正直ガッカリでした。学校では「どうして推薦受験しないのですか?」と言われました。私的には単純に2度チャンスがあるのに?って思ってしまいました。しかし、学志舎の教え通り、息子にとって最も合格確率が高い選択をした結果、一般受験で勝負することになりました。そして受験当日はなるべく緊張しない様、いつも通りの行動を心掛けました。試験から帰った息子は「やり切った!学志舎で学んだことを実践し、自分の力を全て出せた。後悔はない。」とスッキリした表情で言った息子が何だか急に頼もしく見えました。たとえどんな結果になっても、これから先、いろいろな壁をきっと乗り越えて行けるだろうと思いました。

 

合格発表日。息子はスマホで自分の受験番号をいち早く見つけ「学志舎最高!神!神!」と叫んでおりました(笑)学志舎では自主学習の時間がとても長く、受験期は家より学志舎にいる方が長かったです。家はただ休むだけで学志舎では集中して取り組む。あまりにも集中している為、学志舎でトイレに行ったことがないと最近知り、とてもビックリ致しました。(今年になってから初めて行ったみたいです。4年間も通っていたのに???)最後になりますが、これからの先生方のご健康とさらなるご活躍をお祈り申し上げます。どうぞお元気で。

この記事を書いた人

滋賀県出身。膳所高校→防衛大学校→海上自衛隊→リクルートエージェント→学志舎。「プラス思考&全力で取り組む」といった良い習慣を身につけることをベースに指導にあたる。アルバイト雇用もなしに1人で塾運営していた最後の年(2017年)は小5から中3まで200人以上の塾生の全授業を担当。中3生(39人)は日比谷、西、国立に計14名全員合格の結果を残し、業界で話題になる。悔いのない受験を学志舎で。「一生忘れられない出会い」がここにあります。【趣味】テニス

目次
閉じる